Remote Incident Manager (RIM)

macOSのコンテンツに切り替える
言語を切り替える

リモート・インシデント・マネージャーをどのように入手し、インストールするかは、使用するケースや構成によって異なるが、いずれにしてもプロセスは非常に簡単である。

個人向けの典型的なインストール

支援を提供する場合も受ける場合も、使用するインストールパッケージは1つだけです。 1.リモートインシデントマネージャーのダウンロード 1.ダウンロードしたファイルを実行する。 1.ユーザーアカウント制御を有効にしている場合は、Alt+Yを押してインストールを承認します。 1.ファイルを起動すると、自動的にインストールが開始されます。次のボタンを押す必要はありません。ただ座ってリラックスし、それに任せてください。数秒以内にプログラムがインストールされ、自動的に起動します。
1.ようこそ」画面では、RIMの主な使用方法を選択できます。サポートを受けるだけの場合は、「今すぐヘルプを受け取る」ボタンを押してください。サポートを提供する予定の場合は、「今すぐヘルプを提供する」ボタンをクリックします。モードはアプリケーション内からいつでも変更できるため、この決定は最終的なものではありません。

これだけです!デスクトップ・ショートカットが自動的に作成され、その後の RIM の起動に役立ちます。さらに、RIMは多目的グローバルホットキー(Windows+Shift+Backspace)を設定し、どこにいても自動的にプログラムを起動します。

無人アクセスまたはプロンプトアクセスインストーラー

支援者がカスタムインストーラを提供した場合、インストーラの起動時にその旨が通知されます。これは、このインストーラが、無人アクセスまたはプロンプトアクセスと呼ばれるアクセス用に RIM を自動的に設定するためです。これは、あなたがキーワードを入力しなくても、あなたを助ける人があなたのコン ピュータとのセッションを開始できるようにするものです。このタイプのセッションについては、このマニュアルの後半で詳しく説明します。

管理者権限なしでのインストール

Remote Incident Managerインストーラは、常に管理者権限の取得を試みます。管理者権限を取得できない環境では、RIM のインストールはシステムレベルではなく、現在のユーザーアカウントの範囲内で実行されます。

管理者権限なしで実行しても、RIMのコントローラ側に制限は生じません。ただし、ターゲットマシンで発生する制限があります。

  • RIMは、それをインストールしたWindowsユーザーがサインインしているときにのみ実行される。
  • RIMは、Windowsのサインイン画面では実行されない。
  • RIMはセキュアデスクトップにアクセスできない。これは、UACプロンプトや、マシンのロック解除時のサインイン画面にアクセスできないことを意味する。
  • リモートキーボード入力は、ターゲットのフォーカスが昇格アプリケーションにある場合、またはインストールされたスクリーンリーダーのコピーのようなWindows UI Accessフラグで実行されているアプリケーションであっても機能しない。
  • Ctrl+Alt+Deleteキーを押すオプションが機能しない。

コントローラーとして、セッション中に管理者権限でRIMの再インストールを試みることができるようになります。

サイレントインストール

RIM を複数のマシンにデプロイするときに、この方法を使用します。配置スクリプトで /S コマンドラインパラメータを使用します。大文字と小文字を区別するため、大文字の S が必要であることに注意してください。

Windows サーバーに関する追加の考慮事項

Windows Server に RIM をインストールするには、RDP 経由でサーバーに接続します。最も安定した接続エクスペリエンスを得るには、Microsoft Store の Remote Desktop アプリを使用することをお勧めします。

サウンドの入手と Narrator の実行

2022年以前のWindows Serverディストリビューションでは、Narratorを起動する前に手動でサウンドを有効にする必要があります。接続したら、以下の手順を実行します: 1.windowsキー+rを押す。 1.cmdと入力し、Enterを押す。約10秒待つ。 1.と入力する:
net start audiosrv
と入力し、Enterを押す。

いずれにせよ、CTRL+Windows+Enterキーを押してナレーターを有効にしてください。すべてがうまくいけば、音声が聞こえるはずです。
あとは上記のインストール手順に従ってください。 なお、2022年以前のWindows Serverディストリビューションでは、RIM経由の後続接続にサウンドが必要な場合、サーバーに仮想サウンド出力デバイスをインストールする必要があります。Virtual Audio Cable](http://virtualaudiocable.org/download/software/VACSetup.exe)の無料版で十分です。