Remote Incident Manager (RIM)

macOSのコンテンツに切り替える
言語を切り替える

リモート・インシデント・マネージャーは、さまざまな頻度の幅広いシナリオで役立ちます。そのため、RIMの多層プラン構成では、お客様のご希望に沿うよう、あらゆる合理的な試みを行います。さらに、RIMはいつでも無料でご利用いただけます。

無料ティア

誰でも1日30分まで、RIMを使って他のユーザーを支援することができます。この30分間は一度に使用する必要はなく、使用量計がその日の使用時間を記録します。30分間を通じて、何人でも、何回でもインタラクティブ・セッションに参加することができます。

消費者プラン

パス

パスは、必要に応じてサポートを提供する場合に便利です。パスの料金を支払うと、そのパスはいつでも利用できるように待機してくれます。また、複数のパスを保管し、必要なときに使用することもできます。

インシデント・パス

インシデントパスは、24時間の間、必要な限り1人のユーザーをアシストすることができます。24時間以内であれば、いつでも再接続が可能です。例えば、Windowsの再インストールを一晩でセットアップするとします。そのマシンがRIMを使えるようになったら、また戻ってきて、エンドユーザーのシステムを好きなように設定することができる。

一日パス

一日パスを使用すると、24 時間にわたって複数のユーザーを支援できます。そのため、複数の用事がある場合は、このうちの1つが必要になります。

プロパス

これらの1週間、2週間、または1ヶ月パスは、サブスクリプションではないベースでRIM Proのすべての機能を活用することができます。

時間単位のプリペイドパッケージ

これらのパッケージでは、アカウントに指定された時間数を持つことができます。これらの時間は、最初に使用した日から1年間、または未使用の場合は購入日から1年間有効です。 これらの時間は、どのインタラクティブ・セッションにも使用でき、RIMは、使用した正確な分単位の時間のみを差し引きます。たとえば、5時間あって12分使用した場合、残りは4時間48分となる。さらに注意すべき点は、プリペイドの時間が使われる前に、1日30分の無料利用が優先されることだ。プリペイド時間であれ、1日の無料利用時間であれ、時間が足りなくなると、5分と1分の警告が表示されます。プリペイドタイムがなくなりそうな場合、タイムリミットが切れる前にアカウントを補充していただければ、セッションは中断されません。

個人用無人アクセス契約

このプランでは、個々のコントローラとして、設定された数の物理マシンを無人アクセス用に設定できます。これらのプランは、お客様のニーズに合わせて拡張可能です(最大10台まで)。外出先からデスクトップをコントロールしたい方、ご家族のテクニカルサポートを頼みたい方など、様々なニーズにお応えします。
サブスクリプションは、インタラクティブなセッション、すなわちキーワードを介して開始されたセッションには関係しないことに注意してください。上記のインシデントパスとデイパスは、インタラクティブセッションを促進するためにサブスクリプションと一緒に使用することができます。パスをお持ちでない場合は、1日30分の割り当てが使用されます。

パーソナルコミュニティサポートパッケージ

パーソナルコミュニティサポートパッケージは、1日の無料利用時間を超えるようなテクニカルサポートを行う場合に便利です。このパッケージでは、1日30分の無料割り当てに加えて、1日3時間のサポートを受けることができます。つまり、1日あたり3.5時間の利用が可能です。1日30分の無料利用分と同様、これらの時間は1回で使用する必要はなく、1日を通してさまざまな接続で使用することができます。ただし、これらの時間はロールオーバーされず、無人接続は基本パッケージには含まれない。ただし、このパッケージは、個人の無人契約用のアドオンとしてご利用いただけます。このパッケージは年間契約でのみご利用いただけます。

RIMプロ

RIM Pro は、一人のサポート担当者またはトレーナー、あるいは小規模なサポートチームに適しています。各プロ・プランでは、無制限のターゲットへの接続とターゲット・グループの設定が可能です。

RIM プロ基本パッケージ

1台のコントローラーで無制限のターゲットをコントロールできます。

アップグレード

コントローラーのシート数、チャンネル数、使用可能な機能のアップグレードが可能です。

マルチシートとマルチチャンネルのセットアップ

追加のコントローラーとチャンネルは、基本サブスクリプションに追加される別個の追加料金でご利用いただけます。これにより、追加コントローラーの数と同じ数のチャンネル(同時接続)を追加するかどうかを選択することができます。チャンネルを追加しない場合、セッションに参加できるコントローラーは1台のみとなります。

RIM Pro Enterpriseアドオン

このアドオンは、RIM Enterpriseの機能を個々のサポート担当者または小規模ユニットに提供します。機能には以下が含まれます:

  • Windows サーバーへの自動大量展開
  • 事前に設定された無人ターゲットインストーラ用の完全なサイレントモード
  • 組織のシングルサインオン(SSO)システムとの統合(オプション)(追加セットアップ料金が必要)。

注: このアドオンには本人確認が必要な場合があります。

RIM Enterprise パブリック・クラウド版

エンタープライズ・エディションは、上記の機能とともに、コントローラーとターゲットの数を無制限に提供します。各プランの価格は、いつでも実行できる同時チャネルの数によって決まります。

どのプランを選択しても、セットアップとオンボーディングのための1回限りの追加料金が発生します。

サブスクリプションまたはパスの有効化

RIM を通じて購入すると、アクティベーション・リンクが発行されます。リンクをクリックすると、パスまたはサブスクリプションが有効化され、使用できるようになります。デイ/インシデント・パスの場合、パスの有効期間は、当該パスを使用してリモート・セッションを開始したときにのみ始まることを覚えておいてください。