Remote Incident Manager (RIM)

macOSのコンテンツに切り替える
言語を切り替える

RIMのバージョンはレベル3の見出しで示される。両プラットフォーム用のいくつかの機能を含む実質的なアップデートは、レベル4でMacとWindowsの小見出しに分けられる。

3.3.21

  • RIMアプリが断続的に接続できなくなる別の問題を修正しました。

3.3.20

  • RIMを実行しているマシンがRIMサービスから切断され、自動的に再接続されないことがあり、RIMを再起動する必要がある問題を修正しました。

3.3.19

  • RIM メニューのオプションを使用してファイルを転送する場合、RIM は進行状況ウィンドウのタイトルバーに完了したパーセンテージを表示するようになりました。
  • WindowsRIMは現在、Windowsログオン画面からメインデスクトップに移行する、より堅牢な方法を使用している。これは特に、ユーザーがWindowsパスワードを持っていないターゲットPCで役立つはずである。
  • macOS:新規インストールで、RIMは歓迎画面の後に許可を求めるようになり、要求される許可は、ヘルプを受信するか提供するかを決定するかによって異なります。

3.3.18

  • Windowsファイル転送中にセッションが終了または再接続されると、RIMがロックされる問題を修正しました。

3.3.17

  • Windows:Microsoft SmartScreenによって、RIM Windowsインストーラが、一般的にダウンロードされておらず、安全でない可能性があるとしてフラグが立てられる問題を解決しました。

3.3.14

  • 前回のアップデートで、一部の言語でローカライズが機能しなかった問題を修正しました。

3.3.13

  • 久代浩二郎氏の貢献により、日本語ローカライズを更新。
  • その他のバグ修正。

3.3.12

  • 日本語ローカライズを追加しました。翻訳の質と完成度についてのフィードバックをお待ちしています。
  • フランス語翻訳の改良 - Nael Sayeghに感謝します。

3.3.11

一部のネットワークで RIM がリレーサーバを不必要に使用し、接続品質の低下につながるリグレッションを修正しました。

3.3.10

以前のビルドで報告されていた断続的な JavaScript エラーを修正しました。

3.3.9

  • HTTPS 接続の発信のみを許可する制限されたネットワークでも動作する、当社のワールドワイドリレーへの新しいフォールバック接続方法を導入しました。これにより、極端に制限された環境を除き、RIM にファイアウォール例外を追加する必要がなくなりました。
  • RIM は、アプリケーションの起動時にフォアグラウンドで更新をチェックしなくなりました。これにより、バックグラウンドでの更新チェックのみが行われるようになりました。RIMを直ちにアップデートさせる必要がある場合は、“About “ウィンドウの新しい “Check for Update “ボタンを使用できます。
  • リバースセッションフリップを行うとき、元のコントローラがスクリーンリーダーを実行しているが、ターゲットが実行していない場合、RIMはセッションを開始するときと同様に、ターゲット上で自動的にリモートアクセシビリティを開始するようになりました。

Windows

リモートアクセシビリティの使用時に NVDA サウンドエフェクトが再生されないことがある問題を修正しました。

3.3.8

Windows

この更新により、RIM のリモートアクセシビリティ機能の新しい NVDA 2024.1 リリースがサポートされます。

3.3.7

  • より細かいローカライゼーションの修正。

3.3.6

  • macOS: このプラットフォーム用の以前のバージョンには、ローカライゼーションの修正は含まれていませんでした。

3.3.5

  • このアップデートでは、Karl-Otto Rosenqvist 氏によるスウェーデン語ローカライゼーションの修正が導入されました。
  • すべての言語で、RIM システムトレイアイコンのメニューの「終了」項目が翻訳されるようになりました。

3.3.4

  • オランダ語およびブラジルポルトガル語の翻訳を追加。

3.3.3

  • RIMのローカライゼーションに十分な自信がついたので、ベータ版から脱却しました。そのため、RIM は現在、デフォルトでシステム全体の優先言語を使用し、言語セレクタから「BETA」ラベルを削除しました。
  • 混乱を避けるため、「ヘルプの提供」画面に「キャンセル」ボタンはなくなりました。代わりに、単にウィンドウを閉じることができます。
  • ヘルプを受け取る」画面で、このマシンをRIMアカウントに追加することを選択した場合、「ヘルプを受け取る」ウィンドウは開いたままになります。

3.3.2

Windows
  • ロックダウンされた構成を持つ一部のマシンで RIM が更新プログラムをインストー ルできない問題を修正しました。

3.3.1

  • 翻訳の更新
  • 内部的な変更

3.3.0

このアップデートでは、プラットフォーム固有の改訂だけでなく、全体的に多数の新機能が追加されました。一般的な追加機能は以下のとおりです:

  • 無人セッションでの音声会話のサポートが追加されました。対象ユーザは、音声会話を開始する許可をその場で求められます。
  • 音声会話において、RIM はセッション中にプラグされたり抜かれたりするマイクを処理するようになりました。
Windows
  • ナレーターが一貫して RIM 通知を話すようになりました。
  • 管理者以外のフォールバックを追加
マックOS
  • Karabiner仮想HIDドライバを含むRIMを完全かつクリーンに削除するアンインストーラを追加しました。
  • Mac のターゲットマシン情報に、実行中のプロセスとインストールされたアプリケーションが含まれるようになりました。

3.2.18

ヘルプの提供]ウィンドウで[ログアウト]ボタンを押すと、RIM は再ログインを要求するのではなく、[ヘルプの受信]ウィンドウに戻るようになりました。

3.2.17

  • メニュー項目の翻訳に関する問題を修正しました。
  • 無人セッションを開始するとき、RIM はターゲットグループまたはターゲットマシ ンをダブルクリックできるようになりました。
  • シングルサインオン(SSO)を使用している場合に、ターゲットマシンをアカウントに追加するプロセスに関するバグを修正しました。

3.2.16

  • フランス語のローカライズに関する問題を修正しました。Nael Sayegh 氏による修正に感謝します。これは、ローカライゼーショ ンの取り組みに対するコミュニティの最初の貢献です。

3.2.15

Windows
  • ターゲットマシンをロックするときに、コントローラーの画面出力がフリーズ する問題を修正しました。

3.2.14

Windows
  • JAWS と ZoomText を組み合わせた Vispero 製品である Fusion は、ターゲットマシ ンで実行されているスクリーンリーダーを判断するときに、単に JAWS として検出 するのではなく、別の製品として検出するようになりました。これは、Fusionの起動中にRIMがリモート・アクセシビリティ機能を起動しようとしないことを意味する。
  • RIMセッションの開始後にFusionを起動すると、JAWSが行っていたように、Fusionがコントローラからのキー入力を無視するという報告がありました。この問題は修正されました。

3.2.13

Windows

JAWS 2024 が動作しているターゲットマシンに接続するときのキーボード入力に 関する問題を修正しました。

3.2.12

まれに RIM アプリがクラウドサービスに接続できない問題を修正しました。

3.2.11

接続の詳細]ウィンドウに新しいボタンを追加し、ターゲットマシンがRIMログをPneuma Solutionsに送信するよう要求できるようにしました。この機能は、Pneuma Solutions から要求された場合のみ使用してください。

3.2.10

マシンのインターネット接続が一時的に利用できない場合、次のアプリケーション再起動まで RIM が動作しなくなることがある問題を修正しました。

3.2.9

macOS

Mac 上でマイク入力がまったく機能しない場合があったため、残念ながらこのプラットフォーム上では音声会話での自動ステレオマイク入力を提供できなくなりました。この変更は、ターゲットマシーンからキャプチャされた音声出力には影響しません。

3.2.8

macOS

グローバルホットキーではなく、Finder や Dock からアプリケーションをアク ティブにした場合に RIM が起動しないバグを修正しました。

3.2.7

オーディオハードウェアがサポートしている場合、音声会話が自動的にステレオを使用するようになりました。これは、音声制作のトレーニングに RIM を使用する場合に便利です。

3.2.6

最近発生した、新しいオペレーティングシステムのインストール時に RIM が動作しなくなる問題を修正しました。

3.2.5

残りの空き時間を表示するメッセージを修正しました。

3.2.4

他の言語への RIM のローカライゼーションは現在ベータ版です。現在、以下の言語に対応しています:ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語、スウェーデン語。これらの言語で RIM を使用するには、「ヘルプの提供」または「ヘルプの受信」ウィンドウの下部にある「言語 (BETA)」ボタンを押し、ドロップダウン・リストから言語を選択して「言語の切り替え」ボタンを押します。皆様のフィードバックをお待ちしております。

3.2.1

  • コントローラ側で新しいRIMセッションを開始するプロセスがよりスムーズになりました。キーワードを入力したり、ターゲット・マシンを選択したりした元のウィンドウは、メイン・セッション・ウィンドウの準備が整うまで消えません。例えば、ターゲットユーザーがキーワードを入力するのを待っている間にタスクを切り替えた場合など、セッション開始時に最初のウィンドウにフォーカスがなくなっている場合は、RIMがセッションの準備ができたことを通知し、RIMにフォーカスを戻すとメインセッションウィンドウが表示されます。
  • macOSのみ:前回の変更の一環として、RIMがDockおよびCommand+Tabリストで自身を追加および削除する方法を変更しました。現在の動作に問題がある場合はお知らせください。
  • Windowsターゲットのみ:リモートアクセシビリティがアクティブな状態でターゲットマシンでスクリーンリーダーが起動された場合、二重の音声出力を避けるため、リモートアクセシビリティは静かにシャットダウンされます。

3.2.0

Mac OS用の最初の公式リリース!新機能は以下の通りです:

  • 対話型セッション内から無人セッションまたはプロンプトセッションを設定できるようになりました。
  • VoiceOverを使用していないユーザーのための新しいパーミッションのインストラクション。

3.1.49

このバージョンでは、マウスを使ってRIMコントローラセッションメニューを開く一貫したクロスプラットフォームの方法が提供されます。コントローラは、セッションウィンドウの左上隅にある大きなRIMアイコンをクリックするか、以前Windowsで可能であったように、タイトルバーの任意の場所を右クリックすることができます。

3.1.48

Mac
  • MacBook 上でファンクション行を使用するための FN+数字キーの回避策を追加しました。
  • RIM for Mac はメニューバーをカスタマイズするようになり、特にアプリケーションメニューの「バージョン情報」オプションは、一般的なダイアログではなく、独自のバージョン情報ダイアログを開くようになりました。

3.1.47

Windows

Mac コントローラーを Windows ターゲットに接続し、双方が同じ非 US キーボードレイアウトを使用している場合、コントローラーからのキーボード入力が正しく変換されていませんでした。Windows用のバージョン3.1.47では、この問題が修正されています。

3.1.46

このバージョンでは、新しいRIMパーソナルコミュニティサポートサブスクリプションパッケージのサポートが追加されました。

3.1.45

Mac

セッション中にターゲットマシンがロック画面に切り替わった場合、RIM は画面コンテンツと音声出力のキャプチャを自動的に再開できるようになりました。

3.1.44

Mac
  • 標準再起動と緊急再起動の両方を含む、Mac ターゲットの再起動と再接続が実装されま した。
    • 無人アクセスと同様に、プラットフォームの制限(特に FileVault)により、RIM は macOS のログイン画面に表示されません。そのため、ターゲット・ユーザーは、RIMが再接続する前にログインし直す必要がある。
  • 前回のアップデートで導入されたファイル転送に関する通知は、RIM セッションごとに 1 回のみ表示されるようになりました。

3.1.43

Mac

この更新により、ファイル転送のユーザーインターフェイスが変更されました。接続のいずれかの側のクリップボードに 1 つ以上のファイルが配置されると、コントローラは RIM メニューからファイル転送を完了できるという通知を受け取るようになりました。コントローラがこのメニューオプションを選択すると、ファイル転送が実行され、完了すると、転送されたファイルまたはファイルを含む一時フォルダが宛先マシン上で開かれる。このファイル転送方法は、デスティネーションマシンがMacの場合に必要である。転送先がWindowsマシンの場合、ファイル転送はこの新しい方法か、転送先マシンのファイルエクスプローラーに貼り付ける従来の方法のどちらかを使用して完了できます。

3.1.42

Mac
  • RIM for Mac が無人ターゲットとして動作するようになりました。また、Windows 版と同様にバックグラウンドで更新を実行します。
    • ロック画面へのアクセスについてはまだ課題があり、プラットフォームの制限により、ユーザ ーがログインする前のログイン画面へのアクセスは提供できないと思われます。
    • また、プラットフォームの制限により、ユーザがログインする前にログイン画面へのアクセスを提供することはできないと思われます。事前に設定されたターゲットインストーラを実装する方法、または実装できるかどうかはまだわかっていません。
  • Macターゲットからキャプチャされたオーディオのレイテンシーの原因の1つを取り除きます。

3.1.41

Windows

RIM セッション中に Windows クリップボード上のアクティビティに反応して RIM がクラッシュすることがあった問題を修正しました。

3.1.40

ターゲット上のオーディオに関連するロギングを追加しました。そのため、ターゲット上のオーディオの遅延を再現できる場合は、このバージョンで再現し、ログを送信してください。

3.1.39

Mac

このアップデートでは、Mac ターゲットのマウスサポートが追加されました。 RIM は macOS アクセシビリティ機能の使用許可を要求するようになりました。新規 のアクセシビリティ機能の使用許可を要求するようになりました。 新規インストールでは、これは入力監視許可要求と置き換わるため、許可ステップの総数は増えません。しかしアップデートの場合は アップデート後に RIM を使用する前にこの許可を与える必要があります。

3.1.38

Mac

セッションの初期化時に Mac のターゲットに影響するクラッシュを修正しました。

3.1.37

このアップデートは、RIM の Mac への移植における重要なマイルストーンとなります。RIM のリモート RIM のリモートアクセシビリティ機能は、Mac ターゲットへの接続時に使用できるようになりました。 ターゲットに接続するときに使用できるようになりました。ターゲットマシン上で VoiceOver の特別な設定を使用することで、Windows または Mac を使用している の特別な設定を使用することで、WindowsまたはMacのどちらを使用していても、コントローラーは音声を聞くことができます。 一方、ターゲットユーザーには音声や効果音は聞こえません。また また、ターゲット上でVoiceOverが動作していることを示す表示もありません。 リモートアクセシビリティを開始するプロセスは、自動的または手動で行われます。 リモートアクセシビリティを開始するプロセスは、Windowsターゲットと同じように動作します。そしてもちろん セッションが終了すると、VoiceOverの特別な設定はシャットダウンされ、VoiceOverは元の状態に戻ります。 され、VoiceOverは以前の設定に戻ります。

WindowsとMacの両方のコントローラで バージョン3.1.37が必要です。

3.1.36

Windows

リモートアクセシビリティ機能が NVDA 2023.1 に対応しました。

3.1.35

Mac
  • RIM は、特に Mac コントローラで一貫してステレオ音声を使用するようになりました。
  • リモートアクセシビリティ機能で RIM for Mac をコントローラとして使 用する場合、RIM はシステム設定の[音声コンテンツ]セクションで 定義された音声とスピーキングレートを使用するようになりました。

3.1.34

Mac

スクリーンリーダーを実行していない Windows ターゲットに Mac コントローラが接続する場合、Windows ターゲットでリモートアクセシビリティモジュールを実行し、Mac コントローラで音声出力を取得できるようになりました。Windows ターゲットと対話する場合は、VoiceOver コマンドではなく NVDA キーボードコマンドを使用する必要があり、NVDA ラップトップのキーボードレイアウトを使用していることに注意してください。

3.1.33

ユーザーからのフィードバックに応え、リモートセッションのステータスに関する通知を表示する際の効果音を削除しました。

3.1.32

Mac

Mac ラップトップをコントローラーとして使用する場合、RIM は Fn キーをサ ポートするようになりました。
ファンクションキーの最上段では、RIM は常に F1 から F12 として扱い、接続のいずれかの側でシステム環境設定がどのように設定されているかに関係なく、これらのキーをシステムファンクションキーとして使用したい場合 (音量の調整など)、Fn キーを使用する必要があることに注意してください。リモートセッションでは、おそらくほとんどの場合、これらのキーをFキーとして使いたいでしょう。Fn+左矢印キーでホームを押すような動作は、期待どおりに機能します。

3.1.31

マック
  • マイクへのアクセス許可を要求するダイアログなど、一部のダイアログが表示され ているときに、RIM がキーボード入力のロックを解除しませんでした。これは修正されました。
  • MacからWindowsまたはその逆に接続する場合、コントローラーがターゲットマシ ンでRIMメニューをトリガーできなくなりました。この修正には、Windows用RIMの対応するアップデートが必要です。
Windows
  • RIM のログファイルを Pneuma Solutions に送信する方法を追加しました。この機能は、Pneuma Solutions の担当者が要求した場合のみ使用してください。
  • RIM が通知を表示するたびにサウンドを再生するようになりました。

3.1.30

Mac

RIM は、初回起動時および以前のバージョンから更新する既存ユーザーに対して、通知を表示する許可を要求するようになりました。他のほとんどのパーミッションと同様に、このパーミッションを許可するには、システム設定でスイッチを切り替える必要があります。また、これらの通知に独自のサウンドを追加しました。 を追加しました。

3.1.29

Mac
  • 一部のユーザーから報告されていた、Karabiner Elementsを実行しているマシン上でのキーボード入力監視許可の要求に関する問題が修正されました。
  • RIM Aboutダイアログにログを送信するボタンが追加されました。Pneuma Solutionsから要求があった場合のみ使用してください。

3.1.28

Mac

RIM をコントローラーとして使用する場合、Karabiner Elements のような高度なキーボードカスタマイズツールに対応するようになりました。

3.1.27

Mac

これはマイナーアップデートで、2 つの変更のみです:

  • macOS 13.0 (Ventura)以降が必要なRIMをマーク。
  • RIM が実際にターゲットとして実行されているときのみ仮想キーボードが接続されるように RIM を修正しました。つまり、RIMをコントローラーとして使用しているときは、キーボード・セットアップ・アシスタントは表示されません。このダイアログを完全に回避する方法はまだ検討中です。

3.1.26

Mac OS 用 RIM の初期ベータビルド。

3.1.24

  • ディスプレイの解像度が低い、または DPI (dots-per-inch) のスケールファクタがコントローラより高いターゲットマシンに接続する場合、RIM はコントローラの画面に合わせてリモートターゲットディスプレイをスケーリングするようになり、リモートディスプレイを視覚的に操作しやすくなりました。

3.1.23

  • プリペイド時間のサポートを追加しました。

3.1.22

  • ターゲットマシン上の RIM がループに陥ることがあり、無人接続を妨げる原因となっていたバグを修正。

3.1.21

  • セッション・ウィンドウ内でウィンドウを最小化し、キーボード・フォーカスをローカル(コ ントローラ)マシンに戻すための新しいキーボード・ショートカット Windows+Shift+M を追加しました。

3.1.20

  • 無人ターゲットが RIM から断続的に切断されるという報告を診断するのに役立つロギングを追加しました。

3.1.19

  • リモートキーボード入力処理におけるいくつかのコーナーケースを修正しました。特に、ターゲットマシンでJAWSを実行している場合、JAWSはコントローラからのPauseキーとNumLockキーの押下を正しく認識するようになりました。キーボード入力の処理、特に米国以外のキーボードレイアウトの処理に何らかの不具合を発見された場合は、お知らせください。

3.1.18

  • アクティブなユーザーセッションがないWindowsサインイン画面上にあるターゲットマシン上でRIMが更新できない問題を修正しました。

3.1.17

  • 前の更新以降、JAWS を実行しているときにターゲットマシンで Shift 修飾子が動かなくなるという報告を受けました。このアップデートにより、この問題が解決されたと思われます。モディファイアが動かなくなる問題が引き続き発生する場合は、お知らせください。
  • リモートアクセシビリティを有効にした後にターゲットマシンでNVDAを起動すると、セッションの終了時にターゲットマシンのNVDAをシャットダウンする原因となっていたバグを修正しました。

3.1.16

  • Unified Keyboard Processingを有効にしてターゲットマシンでJAWSを実行すると、JAWSがコントローラからのキー入力に確実に応答するようになりました。
  • コントローラのマシンにNVDAアドオンをインストールまたは更新した後にリモートアクセシビリティアドオンを起動すると、散発的に発生するエラーを修正しました。

3.1.15

  • スクリーンリーダーを実行していないターゲットマシンに接続する場合、コントローラのマシンでスクリーンリーダーを実行していれば、RIM は自動的にリモートアクセシビリティを有効にします。コントローラーマシン上で NVDA 以外のスクリーンリーダーを実行している場合、RIM はそのスクリーンリーダーを自動的にシャットダウンし、NVDA がインストールされていればそれを起動します。
  • リモートアクセシビリティモジュールが、キーボードレイアウトやタイピングエコーなどのローカルのNVDA構成設定を使用できない問題を修正しました。

3.1.14

  • 接続に問題がある場合に接続を再確立するプロセスがより堅牢になりました。
  • RIM のバックグラウンド更新プロセスが停止することがある問題を修正しました。
  • コントローラがターゲットよりも古いバージョンのRIMを実行している場合、メニューにターゲットを更新するオプションが含まれなくなりました。
  • スクリーンリーダーまたはRIMのリモートアクセシビリティモジュールがターゲットマシンで実行されている場合、メニューのオプションで停止できるようになりました。

3.1.13

  • 一部の Windows アップデートをインストールした後、ユーザーが RIM からログアウトする原因となっていたバグを修正しました。

3.1.12

  • 好評につき、RIM は各セッションの最後にコメントを求めるプロンプトを表示しなくなりました。RIM ダッシュボードのセッションにコメントを投稿することはできます。今後、機能としてコメントを求める設定可能なオプションを追加する可能性があります。

3.1.11

  • ターゲットマシンで少なくともこのバージョンのRIMが実行されているが、まだ最新バージョンに更新されていない場合、コントローラは、セッションメニューの新しいオプションを使用して、ターゲットマシンにRIMのインストールを更新させることができるようになりました。

3.1.10

  • オプションで RIM セッションの最後にコメントを追加できるようになりました。セッションコメントは RIM ダッシュボードで表示できます。
  • 接続の詳細]ウィンドウが強化されました。統計情報はウィンドウが開いている間ライブで更新され、ウィンドウにはターゲットマシンに関する情報が含まれるようになりました。

3.1.9

  • RIM セッションが再接続しようとしてスタックすることがあった問題を修正しました。

3.1.8

  • リモートアクセシビリティモジュールの起動を妨げることがあった問題を修正しました。

3.1.7

  • 無人セッションまたはプロンプトセッションのターゲットマシンを選択するときに、ターゲットマシンを検索できるようになりました。これを行うには、Provide Help(ヘルプの提供)画面で、以前と同様に「Choose machine(マシンの選択)」を押し、タブで「Search(検索)」フィールドに移動し、検索するテキストを入力し、Enterキーを押すか、「Search(検索)」ボタンを押します。

3.1.6

  • セキュアデスクトップ上でJAWSの音声を中断できないことがある問題を修正しました。

3.1.5

  • 無人対象マシンのリストがその下のボタンと重なって表示されるビジュアル表示のバグを修正しました。

3.1.4

  • MSI ベースのインストーラを使用して RIM を導入できるようになりました。

3.1.3

  • セッションの再接続時に RIM メニューが開いていると RIM がクラッシュすることがあるバグを修正しました。

3.1.2

  • ロービジョンユーザーが利用しやすいようにビジュアルスタイルを調整。
  • 必須フィールドが空のままの場合のエラーメッセージを追加。

3.1.1

  • ヘルプ提供ウィンドウで「RIM ダッシュボード」ボタンを押すと、そのウィンドウが開いたままになるようになりました。

3.1.0

このリリースでは、コントローラ用の完全な管理ダッシュボードが追加されました。

  • すべてのサブスクライバがダッシュボードにアクセスでき、機能セットはサブスクリプション階層によって決定されます。
  • 無人マシン用のインストーラの名前変更、削除、作成のためのアプリ内機能を削除しました。
  • ウェルカムページを復活。

3.0.8

ユーザーアカウント制御のプロンプトが表示されたときにリモート画面出力が機能しないことがあったバグを修正

3.0.7

  • これはバグ修正のアップデートです。

3.0.6

  • RIM Enterprise サブスクリプションまたは Enterprise アドオン付きの RIM Pro サブスクリプションのいずれかを使用しているユーザは、無人アクセス用に完全にサイレントな事前設定済みインストーラを作成できるようになりました。インストーラをサイレントモードで実行するには、それが標準インストーラであれ、エンタープライズアカウントからの事前設定済みインストーラであれ、インストーラを実行するときに /S コマンドラインスイッチ (大文字であることに注意してください) を使用します。

3.0.5

  • これはバグ修正のアップデートです。

3.0.4

  • このアップデートはWindows 7との互換性を回復します。

3.0.3

  • サブスクリプションを持っていない場合に、RIM が「無人アクセス用にインストーラを作成」ボタンを誤って表示することがなくなりました。

3.0.2

  • 1 つ以上の RIM パスを購入している場合、特定のセッションで RIM パスを使用するか、無料層を使用するか、またどのパスを使用するかを制御できるようになりました。RIM はまた、選択したパスの残り時間も表示します。

3.0.1

  • このアップデートでは、新しい RIM パーソナル・パスのサポートが導入され、わずか 10 ドルで最大 24 時間のリモート・テクニカル・サポートまたはトレーニングに RIM を使用できるようになりました。今すぐ RIM パスをお試しください。
  • 以前は「設定済みターゲットインストーラの作成」と呼ばれていたボタンは、現在は「無人アクセス用インストーラの作成」と呼ばれています。
  • 無人ターゲットマシンの名前を変更する場合、編集しやすいように既存の名前が入力され、選択されるようになりました。

3.0.0

このリリースで RIM パブリックベータが終了しました。RIM の料金プランと無料使用の制限が有効になりました。無料アカウントの場合、RIM は購入ボタンと共に使用量計を表示するようになりました。

0.12.2

一部の状況で新しい Windows+Shift+Backspace ホットキーが機能しないバグを修正しました。

0.12.1

  • Control+Shift+Backspace ホットキーは RIM ではアクティブではなくなりました。公式のホットキーはWindows+Shift+Backspaceになりました。Windows+Shift+Escape もセッション中は引き続き使用できます。
  • RIMの新しいメインホットキーであるWindows+Shift+Backspaceは、他のアプリケーションが先にホットキーを要求しない限り、RIMがインストールされているマシン上では常にアクティブになります。コントローラ上でRIMセッションがアクティブな場合、このホットキーは、セッションウィンドウがフォーカスされていればRIMメニューを開き、バックグラウンドであればセッションウィンドウをフォーカスします。ターゲット上では、セッションがアクティブな間、このホットキーでRIMターゲットメニューを開きます。どちらの側でも、セッションがアクティブでない場合、このホットキーを押すとRIMウィンドウが開き、新しいセッションが開始されます。
  • 無人アクセスを要求する場合、RIMはターゲットマシンの承認ダイアログを確実にフォーカスするようになりました。
  • リモートアクセシビリティモジュールを更新しました。

0.12.0

設定済みインストーラを作成し、そのインストーラがインストールされているすべてのマシンを無人ターゲットとして RIM アカウントに自動的に登録できるようになりました。

これを行うには、「Provide Help」画面の「Create a Pre-Configured Target Installer」という新しいボタンを使用します。その後、ターゲットマシンのベース名を入力する必要があります。RIM は、各ターゲットマシンのホスト名をこのベース名に自動的に追加します。ターゲットマシンが登録されると、他の無人ターゲットと同様に名前を変更することができます。インストーラの有効期限を設定することもできます。RIM がインストーラを作成したら、ターゲットユーザと直接共有するか、自分でダウンロードして他の方法でインストーラを共有することができるリンクを取得します。

ターゲットユーザが設定済みインストーラを実行すると、最初に確認ダイアログが表 示され、インストーラが実行することが説明されます。このダイアログには、インストーラを作成したコントローラの名前が含まれま す。この確認ステップは、悪用を防ぐように設計されています。企業顧客向けには、完全なサイレントモードが用意される予定です。

0.11.6

  • キーワードを使用してリモートセッションを開始することなく、RIM アカウントで無人アクセス用のマシンを登録するための新しいオプションが追加されました。登録したいマシンで、ヘルプの受信画面にある「このマシンを無人アクセス用に登録する」という新しいボタンを押します。そのマシンでまだログインしていなければ、RIMアカウントにログインし、マシンの名前を入力すれば完了です。RIM のインストーラをカスタマイズして、大量導入を可能にし、あなたがまだアクセス権を持っていないマシンに無人アクセスをできるだけ簡単に設定できるようにする方法については、まだ研究中であることに注意してください。
  • RIMは現在、コントローラを実行しているのと同じマシンに無人接続を開こうとすることを防止している。
  • 現在、RIMメニューを開くための3つ目のホットキーを実験中です:Windows+Shift+Backspaceです。つまり、3つのオプションがあるということです:Windows+Shift+Escape、Windows+Shift+Backspace、Control+Shift+Backspaceです。どのホットキーまたはホットキーを残すかについてはまだ最終決定していませんが、パブリックベータ終了までに決定する予定です。ご意見をお寄せください。
  • RIMメニューのほとんどのオプションに、メニューを開いてから押すことができる1文字のキーボードショートカットが追加されました。
  • このアップデートは、JAWSがRIMからのキーボード入力を認識しないというユーザーからの断続的な報告に対する、より信頼性の高い解決策を導入しています。このシナリオで引き続き問題が発生する場合は、お知らせください。

0.11.5

  • このアップデートでは、2つの新しいホットキーが追加されました。Windows+Shift+Dは、左右どちらかを押すとセッションを切断します。コントローラの場合、Windows+Shift+Fはセッションを反転します。
  • このアップデートにより、キーボード修飾キーがどちらのマシンでも動かなくなるのを防ぐセーフガードが追加されました。
  • 新しいメニュー・オプション「ターゲット・マシンをロック」があり、これはターゲット上でWindows+Lを押すのと同じです。
  • RIMに “About “ウィンドウが追加され、バージョン番号の確認、サポートやフィードバックのためのPneuma Solutionsへの連絡、マニュアルの閲覧、バージョン変更履歴の閲覧ができるようになりました。
  • RIM は、セッションの終了時または「ヘルプの提供」ウィンドウを閉じるときにフィードバックを求めるプロンプトを表示しなくなりました。

0.11.4

このアップデートでは、再起動および再接続プロセスにおけるいくつかのバグが修正されました。まだ報告されているすべてを診断したわけではありませんが、独自のテストでいくつかの問題を発見し、修正することができました。

0.11.3

  • すべてのマシンで RIM がバックグラウンドで更新されるようになりました。RIM のトレイアイコンのツールチップに、現在インストールされているバージョン番号が表示されるようになりました。これは、マシンの構成に関係なく、ユーザーが手動でインストールする必要がある最後のアップデートです。
  • ターゲットマシンが再起動されたが、RIM の再起動および再接続機能を使用していない場合、RIM は、再起動後にターゲットに再接続するかどうかをコントローラに尋ねるようになりました。コントローラがNOと答えた場合、ターゲットは再起動後の再接続を待機しません。

0.11.2

  • RIM は、無人ターゲットマシン上でバックグラウンドで更新されるようになりました。これは、無人ターゲットに手動でインストールする必要がある最後のアップデートです。
  • 対話型セッションの前に更新する場合、RIM はユーザーアカウント制御を通過する必要がなくなりました。つまり、管理者以外のユーザは、管理者によってインストールされた RIM を更新できます。

0.11.1

これはバグ修正アップデートです。無人ターゲットは、最新の RIM インストーラを実行して手動で更新する必要があります。ただし、「ヘルプの受信」ウィンドウを閉じることなく、インストール完了後に無人ターゲットに接続できるようになりました。

0.11.0

  • 再起動と再接続機能が実装されました。コントローラのRIMメニューの新しいReboot and Reconnectオプションを使用すると、標準または緊急リブートを実行し、リブートが完了すると自動的にセッションを続行できます。インストーラがマシンをリブートした場合など、他の理由でターゲットマシンがリブートした場合も、RIMは再接続します。
  • RIMは、何らかの理由で接続が切断された場合にも、自動的に再接続を試みます。これは信頼性の低いインターネット接続に役立ちます。
  • 無人セッションを実行する場合、またはReboot and Reconnectを使用する場合、ターゲットマシンがWindowsログオン画面上にあるときにRIMを使用できるようになった。ターゲットマシンがログオン画面からメインデスクトップに移行するときに、RIMはセッションを再接続する必要があることに注意してください。これは現在の実装の既知の制限であり、将来のアップデートで対応する可能性があります。
  • リモートインシデントマネージャホストサービスがそのマシン上で実行されている限り、ターゲットユーザーがターゲットマシンの管理者権限を持っていない場合でも、RIMは完全に機能するようになりました。RIMアップデートをインストールするには、依然として管理者権限が必要であることに注意してください。また、RIMの新しいバージョンは、依然として無人ターゲットに手動でインストールする必要があることにも注意してください。私たちはこれらの問題の解決に取り組んでいます。

0.10.10.0

1台以上のターゲットマシンに無人アクセスを設定した場合、これらのマシンに直接アクセスするショートカットを作成できるようになりました。無人ターゲットリストの下にある「ショートカットの作成」ボタンを押すだけで、RIM がデスクトップ上にショートカットを作成します。

0.10.9

オーディオデバイスを持たないターゲットマシンでRIMが動作するようになりました。これは、既存のリモートアクセシビリティモジュールと組み合わされることで、以前はスクリーンリーダーを使用してアクセスできなかったサーバーや仮想マシンへのアクセスが、RDPとその非常に最適とは言えない音声出力を介してのみ可能になります。

0.10.8

  • RIM Pro サブスクリプションの最初の 1 年間をまだ予約注文していない場合は、「ヘルプの提供」画面の新しいボタンを使用して簡単に予約注文できるようになりました。また、RIM Pro サブスクリプションに追加のコントローラと同時チャンネルを追加するための新しい価格オプションを導入しています。それぞれ年間500ドルで、最大2人の追加コントローラユーザと2つの追加チャンネルを追加できます。RIMはパブリックベータ期間中も無料ですが、今すぐサブスクリプションを予約注文すれば、9月1日にパブリックベータが終了してもサービスは中断されません。
  • 接続の両側でRIMメニューを開くための代替ホットキーとして、Control+Shift+Backspaceを導入しています。また、現時点ではまだWindows+Shift+Escapeもサポートしていますが、RIMのすべてのステージでControl+Shift+Backspaceを1つのホットキーとして標準化する計画です。
  • ヘルプを受け取る」画面で「代わりにヘルプを提供する」ボタンを押しても、RIMアカウントにログインするまで、RIMはこの選択肢をデフォルトとして設定しなくなりました。
  • まれに発生する JavaScript エラーを修正しました。

0.10.7

リモートセッションでマウスホイールを使用できるようになりました。

0.10.6

インストールプロセスがハングする原因となっていた残りの問題をすべて修正。

0.10.5

このバージョンにはいくつかの変更が含まれています。特に、インストールがハングする原因となる問題に対処するため、インストールと基礎となるパッケージの更新が含まれています。

0.10.4

  • ターゲットマシンに Control+Alt+Delete を送信するオプションが RIM メニューに追加されました。
  • セッションウィンドウのタイトルバーを右クリックして RIM メニューを開くことができるようになりました。タイトルバーの左端にあるRIMアイコンをクリックしてRIMメニューを開くオプションも追加する予定です。

0.10.3

  • コントローラが無人セッションをフリップできるようになりました。
  • コントローラーが無人ターゲットマシンの名前を変更できるようになりました。
  • クリップボードへのコピー後にセッションが応答しなくなることがあったバグを修正しました。
  • リモートアクセシビリティモジュールの起動がJavaScriptエラーで失敗することがあったバグを修正しました。

0.10.2

RIM Client Support NVDA アドオンと Dropbox アドオン間の競合を修正しました。

0.10.1

  • RIM Pro のサブスクリプションの初年度を 999 ドルで予約注文できるようになりました。予約注文へのリンクは、リモートセッション終了時のフィードバックウィンドウに表示されます。または、こちらから直接リンクをたどってください:RIM Proの予約注文
  • RIM アカウントに無人ターゲットマシンがある場合、無人セッションを開始するボタンが「ヘルプの提供」画面により確実に表示されるようになりました。
  • セッションを反転させる場合、元のコントローラーは、Windows+Shift+EscapeでRIMメニューを開いて、セッションを反転させることができるようになりました。